リーマン必見!「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」

自己啓発
広告

老後が心配で貯金はしてるけど、出来ればお金をもっと増やしたいな。

けど株やFXみたいなリスクが大きい事をして、大事に貯めた貯金を失いたくないな、と思っていませんか?

そんなあなたに低リスクで比較的安全なお金を増やす方法を教えます。

著者紹介

大橋弘裕

日本の作家、編集者。13年間勤めた会社を辞め、37歳で出版業界に転職。

著作のサバイバル・ウェディングが2018年にドラマ化するなどの実績があります。

山崎元

経済評論家。東京大学経済学部卒業後、三菱商事入社。野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券など12の金融関係の会社で仕事をわたり歩き大学の先生もしています。

本の内容

著者の一人である大橋さんが、新橋の居酒屋で声高に愚痴を発したことが本を作成することの始まりです。

お金の運用に関し無知である大橋さんが、山崎元さんにお金の増やし方を教えてもらいそれを本にして出来たのがおおまかな流れです。

テーマに対して大橋さんと山崎さんが対話形式で話していき、都度図などを使用し解説,まとめを行っていく。

とりあげられるテーマも国債、投資信託、確定拠出年金、NISAなど聞いたことがあるようなものばかりなので、知識が無い人でも分かりやすく解説してくれてます。

医療保険、生命保険などお金が減るものは、こうすれば支出が減らせるなどお金を減らさない方法についても解説されています。

この本を読むと得られる5つのメリット!

  1. お金の増やし方、減らさない方法が分かる。
  2. お金を安全に持っておくやり方。
  3. すこしだけリスクを取って運用していくやり方。
  4. 国が推奨する制度を使ったお金の運用方法。
  5. 確定拠出年金が分かる。

お金を増やす方法を考えるとパチンコや競馬という人がいますが、この本で紹介しているのはローリスクローリターンのものばかりです。

銀行にお金を預ける定期預金は銀行の倒産リスクがあるけど、国にお金を貸す国債発行は銀行が倒産するリスクに比べ低いですよね。

少しだけリスクを取って運用する方法では株式の投資信託について話しています。

投資信託は一定の金額のお金を、プロの投資家に自分の変わりに運用してもらう方法です。

株式なので増えたり減ったりしますが、平均すると金利は5%ぐらいと山崎さんは言っています。

投資信託のいいところは自分で毎日株をチェックして、仕事中も気になって集中できないという状況が無いとこです。

他にも家を買った方がいいのか、医療保険には入らなくてもいい理由など山崎さんの考えを話しており参考になります。

実際に自分が行ったこと

この本を読んで自分がまず行ったことは、20歳から加入していた生命保険の解約を行いました。

毎月1万円ですが銀行から引き落とされるが嫌だったので、これを機に解約し浮いたお金は貯金に回すようにしました。

ネット証券の口座も持っていなかったので、この本でいくつか紹介された証券会社を調べ口座を開設し、実際に投資信託を始めました。

始めた年は5万円で投資を開始しその年は500円ぐらい増えましたw

まとめ

この本で出来ることは誰でも簡単に始められるものが多く、この本のコンセプトである素人がプロにお金の増やし方を聞いて実践する内容になっていました。

実際に自分のような素人でも簡単で安全に始めることが出来たので、とても参考になります!

危ない橋は渡らず、ローリスクローリターンでお金を運用していきたいならこの本に書かれていることを実践すればあなたの悩みはきっと解決するでしょう!

タイトルとURLをコピーしました