【AEILA メタルイーゼル レビュー】複製原画の飾り方はイーゼルが映える!

その他
広告

こんにちわ!E田です!

個展や展示会などは絵師さんの美麗なイラストを見るのが目的ですが、イベントによってはそのイラストの複製されたものを購入し部屋に飾ることが出来ます。

自分も何枚か複製原画を購入していて現在6枚所持しています。

基本的に壁掛けして飾っていますが、何か味気ないと感じています。せっかく大好きな絵師さんの複製原画を買ったのだから、いい感じに飾りたいなと日々感じていました。

そんな時にイーゼルスタンドの存在を知り、これならいい感じに部屋に飾れそうだな!と思ったので購入しました。

ここからはAEILA メタルイーゼルを実際に使用して、複製原画を飾ってみた感想や商品のレビューをしていこうと思います。

AEILA メタルイーゼル 外観

今回購入したイーゼルの色はブラック、高さ調整可能な3段式の折り畳みタイプです。写生やスケッチにも使えますが自分は室内展示用として購入。

最大高さは155cmですが自分はそこまで高くすることは無いので、満足いく高さに調整し複製原画を飾りましょう。

素材はアルミ、スチール、樹脂を使っていて重量は約1kgなのでそこまで重くなく簡単に持ち運べます。

AEILA メタルイーゼル 組立手順

収納袋に本体とスチール製のプレートの2種類が入っています。説明書は封入されてなかったですが、シンプルな作りなので組立は簡単でした。簡単に組み立て手順を載せておきます。

  1. スタンドの高さ調整
  2. プレートの幅を調整
  3. プレートのボルトを締める

1.スタンドの高さ調整

プレートを支える部分とスタンドの足が2段階で調整出来るので、この3か所で高さを調整します。

自分はスタンドの1か所のみを伸ばし、足を長くしました。足が伸縮しないように各箇所にロックする金具があるので、調整後はしっかりロックし動かないようにします。

2.プレートの幅を調整

本体についてるプレートを取り付ける金具は、ネジを緩めるだけで高さの調整が可能です。プレートには左右に8か所穴が開いてるので、飾りたい複製原画のサイズに合わせて調整しましょう。

3.プレート取付用のネジを締める

プレートの幅が決まったら今度はネジを締めましょう。ネジを締めないとプレートがぐらいついて大事な複製原画が落下する恐れがあります。

せっかく購入した大事な複製原画に傷がつくのは避けたいので、必ずネジは締めましょう

AEILA メタルイーゼル 実際の使用感

購入したイーゼルに複製原画を展示してみました!試しに縦置きと横置きの両方で飾ってみましたがどちらもよかったですね。

複製原画をイーゼルに展示する場合、複製原画が落ちないように上から支える金具があります、この金具は前後に調整するタイプなので複製原画の厚みに合わせて調整しましょう。

縦長の複製原画を飾ってみました。

こちらの複製原画は2021年の5月に行われた絵師100人展で展示された作品。絵師さんは蒼樹うめ先生。

 

横長の複製原画を飾ってみました。

こちらの複製原画は2020年の8月に行われた絵師100人展で展示された作品。絵師さんはカントク先生。

個人的には縦長の複製原画を飾りたいと思っていたので、しばらくは縦置き用として自室で使用していこうと思います。

AEILA メタルイーゼル レビュー まとめ

メタルイーゼルを購入しましたが、自分としてはすごく満足しています。最近はグッズが増えたこともあり壁に飾るスペースが無くなってきたのもあり、イーゼルで飾るというのは画期的でした。

複製原画のようにしっかりとした作りなら、壁に飾るよりもイーゼルで飾りつけたほうがオシャレになりますね。

マンションに住んでる人は、壁に画鋲の穴を開けることも無いので使いやすいと思います。

タイトルとURLをコピーしました